CLIENTS

競合と差別化したのは、“強み”を再定義したブランド体験

Minimal - Bean to Bar Chocolate -


株式会社Bace (「Minimal - Bean to Bar Chocolate -」)
URL:http://mini-mal.tokyo/

「Minimal - Bean to Bar Chocolate -」は、カカオ豆の仕入れから、豆の選別・焙煎・摩砕・調合・成形という全工程を一つの工房内で一貫して行うビーントゥバーで、日本発のチョコレートブランドです。カカオ豆の素材の良さを引き出す “引き算”の思想で“最小限”のチョコレート製造技術を採用しており、産地や種類、発酵の度合いによって異なるカカオの特徴をしっかりと味わうことができるのがMinimalのチョコレートの特徴です。チョコレートの種類によって、ナッツやベリー、ハーブやスパイスなど驚くほどの違いがあり、豊かな香りと味、独自製法が生み出したザクっとした食感を楽しめます。
  また、「Life with Chocolate」というコンセプトで、チョコレートとコーヒー、紅茶、ウイスキーなどのペアリングや、音楽との楽しみ方など、チョコレートをライフスタイルへ取り入れる提案を積極的に行っているなど、チョコレートの可能性を新たに広げている新進気鋭のフードベンチャーです。
「インターナショナル チョコレート アワード2016世界大会」で、国内ブランドとして初めてRough ground部門でトップの賞を受賞するなど質の高さが評価されています。

 

   

 

チョコレートメーカーから、成長するフードベンチャーとしてブランド認知の幅を拡大


活動内容

ブランドの強みである「製法」と「香り」に徹底的にこだわった発表会

季節商材でもあるチョコレート。クリスマスや年末年始のプレゼント、そして2月14日のバレンタインデーをターゲットに、2016年の秋10月から2017年の2月までのスポットでPR活動支援を行いました。今回の活動では、ビーントゥバーブランドとしてのMinimalの強みをしっかりと打ち出すため、事前のストーリー作りを丁寧に行い、「製法」と「香り」にこだわった訴求でストーリーデザインを行いました。雑誌やカルチャー・フード系ウェブメディアなどの特集で紹介していただけるよう、Minimalの強みである「製法」と「香り」を体験できる新商品発表会を企画・開催しました。

 

プロダクトだけではなく、ブランド強化につながるビジネス切り口を新たに提案

今回はプロダクトの訴求だけでなく、ブランドの信頼・知名度向上に向け、2C商材では異例のビジネス系媒体を中心としたメディア活動を展開しました。プロダクトの背景にある、事業戦略や、ビジョンなどを訴求した露出で、チョコレートメーカーから、成長するフードベンチャーとして新たに認知の幅を拡げることを実現しました。

 

<支援内容>
・新商品発表およびブランディングのためのストーリーデザイン
・新商品発表会の企画・運営
・メディア企画提案、メディアリレーションなど