2017.12.22
EVENT・SEMINAR

「日本の食材とココナッツでロカボ(低糖質)を楽しもう」一夜限りのレストランオープン

池永 千鶴

こんにちは。

Story Design house池永です。

今回、「ストーリーを楽しむ、一夜限りのレストラン”food studio 1/365"」というコンセプトのポップアップレストラン第1回目を、11月24日(fri)にflat5(フラットファイブ)で開催しました。今とても注目を浴びている「低糖質」(ロカボ)を”コース料理”で皆さまに堪能して頂く絶好の機会となりました。

「料理人」にfood&design CONVEY(コンベイ)よりシェフの横田渉さん、「ストーリーテラー」として弊社がPRを支援させて頂いているcocowlell(ココウェル)より代表の水井裕さんを迎え、日本食材と、低糖質食材としても話題のココナッツを融合させた”新しい”コース料理を、ストーリーを楽しみながら召し上がって頂きました。

 

CONVEYの横田シェフは、日本各地を訪れ、伝統的な地域に根差した食材や調味料に造詣が深く、「レストランを持たないフードプロューサー」としてパーティーなどのケータリングやイベント型ポップアップレストラン開催など、幅広く活躍されています。

 

cocowellは日本初のココナッツ専門ブランドとして、今年14年目を迎える老舗であり、事業のミッションとして「ココナッツでフィリピンの貧困を解決する」ことを掲げています。低糖質食材としてココナッツが注目を浴びる中、健康・食におけるその有用性を、全国各地のワークショップや講演会などで伝えています。

 

コースMENUすべてにcocowellの商品が使用されています。

ーアミューズ
ーHATAKE ココナッツ塩糀マヨネーズ
ー粕漬け鯖のフリット きのこのブルーテソース
ー醤油もろみローストビーフと豆入りリゾット
ーパイナップルとココナッツのパウンドケーキ 里芋のアイス
ーコーヒー(ココナッツオイル、ココナッツミルク、ココナッツシュガーを添えて)

 

<ストーリ第一章>

cocowell水井さんより「様々な料理の可能性を広げるヘルシーフードとしてのココナッツの魅力」を語って頂きました。ココナッツオイルには「中鎖脂肪酸」(MCT)が通常60%以上含まれており、他のオイルに比べ「吸収率が4倍、代謝が10倍」で脂肪になりづらくアスリートや運動される方にぜひ積極的にとっていただきたいオイルなんです。意外とココナッツの実が「どのように?」「どんな場所で栽培(自生もあり)されているのか?」ご存じない方も。そこで水井さんが現地で撮影してきた写真を交えながらご説明しました。

 

さあ、コース料理のスタートです!

ーアミューズ。ココナッツオイルはオリーブオイルの3倍も酸化しづらく、実は揚げ物に最適なのです。いつもまでもサクサクとした軽い食感と、胃にもたれないところが魅力です。

 

ーHATAKE ココナッツ塩糀マヨネーズ。畑を彷彿とさせるプレゼンテーションに女性からは「きれい・・!」の一言が。実はこちらに使われているプレートは「Francis+Dale」(フランシスデール)というフィリピン産マホガニーを使用したブランドで、とてもあたたか味のあるプレートでお料理ともよくマッチしています。

 

ー粕漬け鯖のフリット きのこのブルーテソース

 

<ストーリー第2章>として「ココナッツをめぐる世界の行方」をお伝えしました。cocowellはフィリピンでの活動以外にも、日本国内の取り組みとして、ココナッツオイルを揚げ油、炒め油としてもっと使っていただくことを推奨するため、関東・関西の飲食店6店舗で「ココナッツウェルネスプロジェクト」をスタートしました。中にはドーナッツ屋さんの揚げ油にご使用いただいている店舗も。ちなみに本日のコースのお料理に使用しているオイルはすべてcocowellのココナッツオイルです。香りのあるものから、無いものまで、皆さんの「舌」で体感して頂きました。

 

flat5のキッチンで日本食材とココナッツがお客様のすぐ傍で料理されています。このライブ感が人気です。

 

 

ー醤油もろみローストビーフと豆入りリゾット 。「ココナッツミルクパウダー」を使ったリゾットはとてもやさしい味でした。

 

 

ーパイナップルとココナッツのパウンドケーキ 里芋のアイス

 

参加くださった皆様からはこのような感想を頂きました:

・「低糖質について深く理解出来ました」

・「こんなにココナッツがバリエーション豊かに使えるなんて、家でつくってみます」

・ココナッツでデザート以外の料理を食べるのは初めてだったが、とてもおいしかったです

・ココナッツオイルのフライが美味しすぎてビックリしました。会場もオシャレで、ココナッツについても学べてとても良かったです。

 

Story Design houseでは皆さまからのご感想を活かしながら、これからもここflat5から皆さまに「ストーリー」と「食」をご体験頂けるイベントを継続して発信して行きます。Story Design houseのNEWSFBをチェックしてくださいね!

 

池永 千鶴

化粧品メーカー等の商品企画を経て入社。主にB2Cのプロジェクトを担当。ブランド、商品、サービスの情報を広く認知させることだけでなく、「そのブランドのファン、企業のファン」となってもらうべく、市場参入時を含め、長期に渡る継続的成長を促す戦略構築を行う。