2018.04.17
EVENT・SEMINAR

3/20 「スタートアップの事業を加速させる広報PR戦略」セミナーレポート

池永 千鶴

Story Design houseの広報の池永です。

 

「自社の商品情報が固まるまでアプローチを待ってしまったり、動かない状態になりがちなところもあるが、事前にできることがあると思いました」

 

「とても丁寧で具体的な内容だった」

 

「これから広報を立ち上げるのに何をやっていいかわからなかったが、参考になった」

 

上記のようなご感想をいただいた「スタートアップの事業を加速させる広報PR戦略」と題したセミナーを、3月20日にfalt5で開催いたしました。今回のセミナーでは上場を視野に入れ、事業のさらなる成長に取り組むスタートアップやベンチャー企業のコーポレートPRをテーマに、弊社代表の隈元が登壇しました。

 

当日はあいにくの雨模様でしたが、参加率が大変高くほぼ満席でした。参加者内訳としては経営クラス、そして広報担当者が占めていました。

 

 

 

 

セミナー自体は1時間15分、その後懇親会を含め2時間で設定しました。セミナー部分では、基本的な広報活動の必要性から、各成長ステージにおける広報活動の変化、そしてミドルスタートアップが情報を発信していくなかでどのように広報活動を企業価値につなげていくのか?という部分も含め、コミュニケーション戦略のポイントをお伝えしました。

 

 

 

 

 

特にセミナー最後の質疑応答部分では、5名の方から積極的にご質問をいただき、時間を少しオーバーしてしまうほどでした。質問をいくつかピックアップしてご紹介いたします。

 

「スタートアップのアーリーステージで広報がうまい企業は?」

 

「主要ビジネス誌の掲載を狙うにはどうすればいいのか?」

 

と言った質問があがり、参加者の皆さまが広報活動に対して、どのような点で期待をし、課題感を感じているのか具体的に伺うことができました。

 

 

セミナー後の懇親会には参加者全員ご出席いただき、有意義な情報交換が行われました。最後に参加者の皆さまからセミナーに関するアンケートにご回答では、満足度92%をいただきました。

 

今後もStory Design houseはコミュニケーション戦略パートナーとして、成長ステージに合わせた広報支援をしてまいります。

 

次回セミナーの開催は5月31日(木)を予定しております。セミナー内容は都度アップデートしていきますので、皆さま揃ってのご参加をお待ちしております。

 

 

 

 

 

Peatixお申込み先はこちらから

 

ストーリーデザインハウスへのお問合せはこちらから

 

 

池永 千鶴

化粧品メーカー等の商品企画を経て入社。主にB2Cのプロジェクトを担当。ブランド、商品、サービスの情報を広く認知させることだけでなく、「そのブランドのファン、企業のファン」となってもらうべく、市場参入時を含め、長期に渡る継続的成長を促す戦略構築を行う。