2018.02.22
PR MEMO

海外PRトレンドvol.2_マーケティングPRアワード2018 in シンガポール

Story Design houseで広報を担当している池永です。

海外PRトレンド第2回目は、注目すべき世界のPRアワード「Marketing PR Awards 2018」をご紹介します。

 

Marketing PR Awards 2018」 は、2014年にシンガポールでスタートし、今年第5回目を迎えます。南アジア、東南アジア、オーストラリア、そしてニュージーランド地域に向けたマーケティングの取り組みのみエントリー資格が与えられます。残念ながら日本からのエントリーはできませんが、日本企業の各国の現地法人はエントリーは可能です。

 

昨年は300を超えるファイナリストが選出、日系企業からはPanasonic Singaporeと、そのPRエージェンシーであるGolin Singaporeの「Panasonic Eclipse Live by Solar Power 」というプロジェクトが、6部門「Brand Development Campaign of the Year」「Best Regional PR Campaign」「Best Use of Technology」「 Best Use of Broadcast/Video」「Southeast Asia PR Campaign of the Year」「 Best B2B PR Campaign」で金賞を5つ受賞しました。

 

「Panasonic Eclipse Live by Solar Power 」は、インドネシアで観測された日蝕をPanasonicのソーラー供給センターからの電力のみでライブストリーミングをしたキャンペーンです。詳細は以下をご覧ください。

 

【Panasonic Eclipse Live by Solar Power 】

https://www.youtube.com/watch?v=a68dhDDQ_y4

 

今年は、「Best PR Idea」「Most Creative PR Stant」など30部門のカテゴリーが開設されており、授賞式は3月16日に今年もシンガポール のマリオット タンプラザホテルにて開催されます。授賞式への参加はファイナリストと審査員のみとなりますが、受賞作品などが公開されましたらこちらのブログでお伝えして参ります!

 

Marketing PR Awards 2018はこちらから

 

 

リサーチ:山本

編集:池永