2017.10.18
EVENT・SEMINAR

日本酒イベント「東北の日本酒を味わい尽くす!季節の味覚と味わう12種の日本酒」

山本 彩乃

こんにちは!

Story Design houseの山本です。

 

9月29日に、 日本酒イベント「東北の日本酒を味わい尽くす!季節の味覚と味わう12種の日本酒」を 企画しました!

毎年春に開催され、延べ40,000人以上が参加する「東北風土マラソン&フェスティバル」から「東北日本酒フェスティバル」の協力を得て、東北各地の日本酒が堪能できる「東北の酒」シリーズ全3回の企画です。

 

会場は、デザインを通じて多様なフィールドでビジネスを育てていく、コワーキングオフィス&シェアスペース「flat5」で行ないました。

 

第1回目となる今回は、冬に仕込まれ、夏のあいだ寝かせることで味わいを増したひやおろしを中心に、東北の秋の味覚をまるっと楽しめる贅沢なイベントとなりました。

 

目玉は、もちろん東北から選ばれた12種類の日本酒。

純米大吟醸や大吟醸といったお米を磨き込んだお酒や、1〜2年寝かせた味わいのあるお酒、そしてにごり酒や日本酒で漬けた梅酒まで、いろいろな種類の日本酒を試すことができるので、全種類制覇したくなりました。

 

日本酒リスト

浦霞醸造元 株式会社佐浦 (宮城県塩竈市)

「大吟醸原酒」

「特別純米 ひやおろし」

「木桶仕込み 山廃純米酒」

「浦霞 蝉」

「純米辛口」

「純米梅酒」

 

清酒関山・両磐酒造株式会社(岩手県一関市)

「おっほードライ」

 

秋田清酒株式会社(秋田県大仙市)

「出羽鶴 純米吟醸 クラムボン」

 

加藤喜八郎酒造株式会社(山形県鶴岡市)

「大山 特別純米 ひやおろし」

 

大七酒造株式会社(福島県二本松市)

「大七 純米きもと ひやおろし」

「大七 純米きもと 生原酒」

 

石越醸造株式会社(宮城県登米市)

「澤乃泉 純米大吟醸 秋彩」

 

今回は特別ゲストとして、浦霞醸造元 株式会社佐浦から中村拓さんをお招きしました。中村さんは「東北日本酒フェスティバル」には第1回目から参加。ブースでランナーを接客しながら「東北風土マラソン」自体も走ってしまうというスーパーマンです!

 

 

そして、宮城県登米市の田口酒店から、佐々木恵子さんがナビゲーターとして参加されました。佐々木さんは「東北日本酒フェスティバル」の実行委員も務めてらっしゃいます。 

このお二人に駆けつけていただき、さらにイベントを盛り上げていただきました!

 

お酒を知り尽くしたプロであるお二人が、私たちがどの日本酒を飲むか迷っていてもオススメのものを選んでくれて、味の特徴なども説明してもらえるので、自分好みの味を見つけることができました! 造り手の方から直接お話を聞くことができるので、日本酒がさらに美味しく感じることができるんです。 

佐浦さんからは、一般には流通していない隠し酒まで。なんとコンテスト酒を2年寝かせた貴重なお酒だとか。。。熟成しているのにフレッシュで、一般的な古酒とは全く異なる趣き! 佐々木さんも「これが佐浦さんの本気です」と太鼓判。これだけでも参加した甲斐があるかもしれません。

 

また、普段滅多にお目にかかることがない、日本酒を造る上では欠かせない 浦霞の仕込み水までご用意していただきました。東京のど真ん中で、仕込み水が飲めるとは! 

お料理は、東北の食材を中心に、日本酒にピッタリ。さらにお酒が進みます。

 

MENU

ジオファーム八幡平のマッシュルームと登米産原木椎茸の富士酢マリネ

 

・MuSuBi FARM(登米市)のパプリカとナスのトマト煮

 

Bonz farm(埼玉県羽生市)のはたけ便り

 

斉吉商店(宮城県気仙沼市)の「金のさんま」

 

・MuSuBi FARMのササニシキ

 

ほよろいとんのしゃぶしゃぶ仕立て

 

Minimal - Bean to Bar Chocolate

 

 

登米市の有機栽培のMuSuBi FARMのお野菜を使ったラタトゥイユは野菜の滋味が凝縮。岩手八幡平から届いた肉厚なマッシュルームを使ったマリネは、シンプルなのですが素材の味が発揮されており、いくらでも食べることができました。

 

 

復興庁から「新しい東北」究極のお土産として選出された、宮城の斉吉商店の「金のさんま」。骨まで柔らかく、甘口の醤油ダレはクセになりそう。これが、震災の中でも守りぬいた伝統の「返したれ」なんですね。

 

いろいろな種類のお料理から自分の好きな量をとることができるビュッフェスタイルなのも嬉しいところ。12種類のお酒との相性も楽しめました。

 

デザートとして、東京、富ヶ谷に本店があるBean to Bar Chocolate、Minimalさんのチョコレートもいただきました。チョコと日本酒の相性は果たしてどうなのかなー? と思いましたが…とっても合います! チョコレートを口に含んでから、日本酒を飲むと風味が増し、またもや日本酒が進みます。Minimalさんのチョコレートを、その日飲むお酒のマッチングを考えて購入されるお客様もいらっしゃるというのも納得です。

 

おみやげとして、佐浦さんの素敵な手ぬぐいを中村さんからいただきました。

最後に、それを勝ち取るためにジャンケン大会です。

 

 

日本酒好きの皆さんは、手ぬぐいに対しても本気です。佐浦さんオリジナルデザインの手ぬぐいは、とても可愛いです!ありがとうございました!

 

 

本当に日本酒を味わい尽くすことができて、楽しい金曜日の夜を過ごすことができました! 1人でふらっと参加されていた方もいらっしゃいました。ご興味も持った方は次回の冬の日本酒を一緒に堪能しませんか?

 

第2回目は、flat5で12月2日(土)16時からの開催予定です!

 

次回も美味しい日本酒とお料理をご用意して、皆様のご参加をお待ちしております!

 

 

山本 彩乃

コーヒーが好きです。毎朝、コーヒー豆を挽いています。